喫煙の誘惑を断ち切る!

喫煙の誘惑に負けない!

タバコでトラブル発生率アップ!タバコによる妊婦への影響と禁煙する方法

タバコでトラブル発生率アップ!タバコによる妊婦への影響と禁煙する方法 タバコの中には4000種類以上の化学物質が含まれていますが、そのうちの約200種類は有害物質です。
妊娠した場合、母体が摂取した栄養等の成分はへその緒を通して胎児の方に送られるようになっています。
送られる成分は取捨選択される事は無いので、有害な物、無害な物関係なしで胎児に送られてしまう事になります。
妊娠中は医薬品の摂取等にも気を付けなければいけない時期ですが、喫煙して様々な化学物質を摂取すると、母体の中では胎盤の血流が低下してしまい、必要な酸素を届けにくくなります。
またタバコに含まれるニコチンや一酸化炭素には胎児に対して大きな影響を与え、発育が昨日の発達に影響を与えてしまいます。
喫煙に流産や早産の発生率もアップし、さらに吸う本数が多くなればなるほどそのリスクも高まります。
禁煙は出来るだけ妊娠初期に行う事がポイントです。
また方法としてはタバコを吸いたくなったら別の行動をとったり、リラックス効果のあるハーブティーを飲んだりする方法があります。
ただ医薬品を利用した禁煙に関しては、禁煙する方が医薬品を利用する上でのリスクを考えてもメリットが判断された場合にのみ行われます。

タバコで前期破水の確率が上がる~タバコによる妊婦への影響と禁煙方法について~

タバコで前期破水の確率が上がる~タバコによる妊婦への影響と禁煙方法について~ アメリカの大学の研究結果によると、喫煙している妊婦は非喫煙者と比べると前期破水の確率が2.1倍になることが判明しています。
妊娠中にタバコを吸うと前期破水や早産のリスクが高まる理由は、喫煙をすると卵子や精子の染色体や遺伝子に異常が発生することがあり、そのことが原因で前期破水や早産などのリスクが高まります。
健康で丈夫な赤ちゃんを出産して母体を守るためには、赤ちゃんを望む女性はタバコをやめることが大事になります。
受動喫煙によっても胎児や母体に悪影響を与えるため、パートナーの男性も禁煙をすることが望ましいです。
喫煙をすると精子に異常をきたすことがありますので、女性も男性も禁煙することが大切です。
禁煙をする方法はいろいろありますが、自分の意志だけでタバコをやめるのは非常に難しいので、医療機関の禁煙外来を受診して、医師の指導でタバコをやめる方法が最適です。
健康保険が適用されますので、安い費用で病院に通うことができます。