喫煙の誘惑を断ち切る!

喫煙の誘惑に負けない!

禁煙することで、様々な効果が有ります

禁煙することで、様々な効果が有ります 禁煙をすることで様々な効果が得られますが、動脈硬化の改善や予防もその一つです。
喫煙をすると、脂質の代謝が低下したり血管内に血栓ができてしまったり血管細胞が破壊されてしまったり血管が収縮してしまったりするため、動脈硬化のリスクファクターとなってしまいます。
動脈硬化が進むと、心筋梗塞、脳梗塞、狭心症、脳出血などの突然死を招く危険もある重大な病気を発症させる原因にもなりますので、早めに対策を行って早めに改善に努めることが重要になります。
その方法の一つとして禁煙があります。
悪玉コレステロールや中性脂肪や血圧の数値が高い人はとくに注意が必要です。
今すぐに取り組んでリスクを取り除いていきましょう。
禁煙することで得られる効果は動脈硬化の改善や予防だけではなく、糖尿病やメタボリックシンドロームや癌などの病気の予防効果も期待できます。
喫煙をすると、ビタミンやミネラルが体内から大量に消費されてしまうので健康だけではなく美容の大敵にもなります。
積極的に禁煙をして健康や美容に大きく役立てましょう。

禁煙により太るのは体が健康になってきたから

禁煙により太るのは体が健康になってきたから 禁煙をある程度続けていると、体重が増えてくる方もいます。
これはよくある症状であり、健康になる前の好転反応とも言えるものです。
禁煙により太ってしまう理由はシンプルで、ご飯が美味しく感じられるからです。
食欲が増して摂取カロリーが増えるので、太ってしまうのは当然と言えるでしょう。
ただ、この症状は次第に改善していきますから、必要以上に心配する必要はありません。
禁煙を続けることで血行がよくなり、冷え性が解消していきます。
さらに脂肪代謝力も上がるので、今度は痩せやすくなってきます。
一時的に太ってしまうことは多いですが、この段階ではまだ代謝が低くなっているのです。
代謝が上がれば脂肪が燃え安くなるので、少しずつ体重が減っていくでしょう。
体重が減らなくて困っている方は、喫煙による代謝悪化が原因かもしれません。
特に中高年になると顕著になる症状なので、なるべく40歳前に禁煙したいものです。
それにより肥満を予防して健康を促進し、生活習慣病も遠ざけることができます。