喫煙の誘惑を断ち切る!

喫煙の誘惑に負けない!

太るというのは禁煙の時の禁断症状の一つ

太るというのは禁煙の時の禁断症状の一つ 禁煙をすると太るという方は少なくありません。
なぜ太ってしまうかと言うと、ストレスが溜まって暴飲暴食をしてしまうからです。
口が寂しくなるとガムや飴を食べたくなるので、それによるカロリー摂取もあるでしょう。
禁煙によって太ってしまう状況は、完全にタバコをやめると解消するのが普通です。
また禁断症状として眠いと感じるケースもありますが、これは体が健康になりつつある証拠でもあります。
細胞の抗酸化力が高まることで、全身の細胞が元気になります。
それによって代謝が上がったり、ストレスが解消したりするのです。
体が健康になると、生活リズムが正常になっていくものです。
夜になれば眠いと感じるようになりますし、早寝早起きすることで体調もよくなります。
喫煙習慣のある方は、お酒の量も多くなりがちなのです。
タバコとお酒のダブルパンチは、確実に生活習慣病のリスクを高めることでしょう。
何となく体調が思わしくないという方も、早めに禁煙をしてみましょう。

禁煙の禁断症状って1年で本当に終わるの?

禁煙の禁断症状って1年で本当に終わるの? 禁煙の禁断症状は、個人差がありますが、1ヶ月が経過した程度では、またちょっとしたきっかけでタバコが我慢できなくなることもあるようです。
早い人なら、4ヶ月程度で安定してきて、禁断症状がほとんどなくなるようです。
1年くらいが経過すると、禁断症状がほとんど感じられなくなるというケースも多いようです。
しかし、一度タバコを吸ってしまうと、身体が覚えてしまっているので、完全にタバコを吸う前の状態に戻ることはないようです。
禁煙をしてから3年が経過しているのに、他人がタバコを吸っているのを見て自分も吸いたくなってしまうということがあるようです。
禁煙が完全に終わることはなく、一生続くマラソンのようなものと言う人もいます。
禁煙をしてから1年程度が経過すると、ニコチンの強烈な中毒からは、抜け出せている可能性が高く、イライラや動悸、頭痛などの症状が出て、タバコが吸いたくてしかたなくなるという禁断症状はほとんどなくなっています。
完全に終わったわけではありませんが、9割くらいは終わったと考えてもよいかもしれません。