喫煙の誘惑を断ち切る!

喫煙の誘惑に負けない!

禁煙の禁断症状で発症する

禁煙の禁断症状で発症する 禁煙にはタバコをやめて健康を取り戻すというメリットがありますが、やめてから禁断症状で発症する病もあるようです。
その中で、しびれを起こす人もいるようで、喫煙歴の長い人などはニコチンが身体の末端神経へも回り、それがやめた結果禁断症状を引き起こしてしまうとのことで、依存度がそれほど強いものだということが分かります。
また頭痛も症状としてあり、理由として禁煙によってそれまで脳へと行き届いていたニコチンが神経伝達物質ともなっていた機能が働かなくなり、脳が緊張することで筋緊張性の頭痛として出るようです。
緊張によって首や肩もこり、そこから頭痛へと至るようで、運動やストレッチで筋肉をほぐすことが有効でしょう。
他にも眠気やめまい、便秘の症状を起こす人もいて、ニコチンが今まで神経伝達物質に刺激を与えていた環境が禁煙することで働かなくなり、自律神経の乱れを起こし薬物依存のように、こういった症状を起こすものとされています。

禁煙したときの禁断症状は人によって違う

禁煙したときの禁断症状は人によって違う 禁煙を始めてしばらくたつと禁断症状が出始めます。
その症状はさまざまです。
動悸がする人も入れば、吐き気がする人、頭痛がする人、ひどい眠気に襲われるなどです。
イライラしたりなかなか感情をコントロールできなくなる人もいて、最初は禁断症状だと気づきにくいかもしれません。
しかし、その症状はいつまでも続くものではありません。
イライラはタバコが吸えないことへのストレスのピークでもあり、ずっと禁煙していればその症状はおさまってきます。
動悸は禁煙を始めて3日ぐらい続く人もいますが、なるべく安静にしていればおさまってきます。
こうした症状に対処するためにも仕事をお休みするといったことも視野にいれておきましょう。
また、かかりつけ医を持つ、ニコチン対策グッズを用意するなどして禁断症状に備えておくと安心です。
せっかく禁煙してきたのに禁断症状があるからとやめるのはもったいないです。
続けていけるよう、準備できることはして禁断症状をうまく付き合っていきましょう。