喫煙の誘惑を断ち切る!

喫煙の誘惑に負けない!

飲み薬を使った禁煙の方法!

飲み薬を使った禁煙の方法! 飲み薬を使った禁煙はとても効果的です。
まず、禁煙のために用いる飲み薬を処方してもらうためには医療機関でお医者さんに診てもらう必要があります。
現時点における自分自身のタバコに対する依存度を科学的に、そして客観的にチェックしてもらえるのでより自分に適した禁煙プログラムを作ってもらえるでしょう。
また、飲み薬を服用することで身体の内側からタバコを欲しない体質を作れるのも魅力です。
タバコのなかに含まれているニコチンという成分に依存性があり、それを脳が求めることで人間は喫煙したくてたまらなくなります。
処方された薬のなかにはニコチンに似た成分が入っており、それが脳に働きかけることでタバコを欲しにくくなるという仕組みです。
ほかにも、これらの薬のなかには脳に「ニコチンは不味い」と感じさせる働きもあります。
故に、万が一に禁煙中に吸ってしまったとしても、以前ほど身体がタバコを美味しいとは感じません。
美味しくないものからは自然と距離を置くようになるため、これが続くことで無理なくタバコを止められるというわけです。

禁煙するとどうして眠くなるの?

禁煙するとどうして眠くなるの? 禁煙をすると、眠くなるという現象が起こります。
喫煙者は定期的にタバコを吸うことで、脳にニコチンが送られています。
ニコチンを受け取った脳は脳内でニコチン受容体の処理が行われます。
ニコチンは脳を覚醒させるアセチルコリンと同じ働きをします。
これが交感神経と副交感神経を刺激して、興奮状態となり気分が変わるという現象が発生します。
しかし、禁煙をはじめると、定期的に脳にニコチンが送られなくなります。
脳にニコチンが届かないと、興奮や覚醒作用が起きないということなので、これが突然発生する眠気に繋がります。
長年の喫煙習慣により身体的、精神的にニコチンに依存している人は、脳からニコチンを催促する信号が送られます。
これがイライラや集中力の低下の原因なのですが、この眠くなるという現象も、禁断症状の一つです。
ニコチンの依存度によって眠気の強さも変わってきますが、一般的に禁煙による眠気がなくなるのにかかる期間は三ヶ月と言われています。